コツメの母さん。今日は何かやってみよう。

日々の出来事を書いていこうと思います。家族は私、夫(コツメの父さん。)、長女(ピヨ姐・大学2年生)、次女(コツメちゃん・中学1年生)の四人家族です。

非言語>>>>>>>言語

こんばんは。

 

コツメの母さん。です。

 

コロナの感染者数がじわじわ増え始めて、外出することにまた変な抵抗がでてきました。

ついこの前「やった!映画だ!」と言ってでかけていたのになぁ…。ちょっと外へでるのにも神経質になってしまいます。

 

ストレスで…

 

f:id:meredeloutre:20200716230314j:image

 

買い物に行った帰りにおめでたいこともないのにケーキを買ってしまいました。

運動不足でまた太ってきたというのに…。あぁぁぁ。

でも美味しい♪( ´θ`)ノ

 

さて、ひさしぶりにピヨ姐の話題です。

皆さんはSPI総合検査ってご存知でしょうか。

SPI総合検査とはリクルートが提供している適性検査です。

適正(性格)テストと能力テスト(国語と数学)を合わせたもので、就職活動の際、多くの企業がこの試験を行なっているみたいです。

 

ピヨ姐の大学はこの模擬試験(能力テストのみ)を毎年受けさせるみたいなんですが、昨年の春、一年生だったピヨ姐の結果は言語(国語)偏差値40台、非言語(数学)偏差値69でした。

ピヨ姐は文系にいるのですが、小さい頃から国語は苦手。得意科目は算数でした。

高校生の時は学校にいけなくなってしまったことと私大文系コースだったので数学はほとんどやっていないのですが…。

SPIの数学は中学受験の算数みたいな感じなので、ピヨ姐も解けたようです。

 

 

↓こちらの日記を読んでみたのですが、ピヨ姐、試験の結果を見て「国語をなんとかしないと」、と思っていたみたいです。

www.kotume-kasan.com

あれから一年が過ぎ…。二年生になったピヨ姐。

つい先日、一年ぶりに模擬試験を受けたみたいで結果をもってきました。もちろんなんの準備もしないでいきあたりばったりのテストです。

 

結果は

 

非言語(数学)偏差値70台。言語(国語)偏差値40台。

 

でした。

 

昨年は20差がありましたが、今年は30近い差になっていました。

 

ピヨ姐は、一年間国語の能力はあがっておらず、据え置きだったようです。

 

語彙とことわざが苦手なのだそうです。

 

あまりにも差があり過ぎて笑うしかないです。

 

まだまだ若いので語彙をのばしてほしいと願う、

 

コツメの母さん。でした!